ただコットンが好きなだけなんだ

柳田国男『木綿以前のこと』にも書いてあったよ。
綿繰りや糸紡ぎは農家の手仕事だったんだって。
230年の間に着るものは変わり麻から綿、今や石油も着る。
今はもう、人間の手を離れ機械がたくさんつくっていて
紡ぐことを、紡げるんだってことさえ頭にないよね。
でも昔の人は知っていたんだ。
土から成ったその綿を人の手の中で紡げることを。
たまには時空をこえた時を過ごしてみるのも、いいものだね。

〇とにかく和綿へこだわる人が伝えたいこと
〇東京で糸紡ぎ広める、こだわり人
〇大阪で糸紡ぎ広める、熱い人